Youtubeはコチラ

006ついに中古戸建てを購入する。さらなる値引き交渉は成功するか?

006ついに中古戸建てを購入する。さらなる値引き交渉は成功するか?

を買う時に値引き交渉!
もちろん、できるなら安く物件を買いたいですよね?

物件の内見を済ませて、ほぼ心は決まりました。
あとは値段だけなんです。

前回は不動産屋の担当さんと物件めぐりしてきました。
希望物件を舐め回すように内見してきましたよ。
家はめっちゃ散らかってたけど家主さんと話ができたのも良かったですね。

↓前回記事↓



物件の値引きを考える


そんなわけで、僕の買いたい欲求は上昇の一途をたどっております。


あとは価格です。
もともとは数ヶ月前に780万でネットに載っていて、今は下がって提示価格540万円。
近隣相場と比べても、けっこう割安ではあります。

だけど、もう少し値下げしてくれたら嬉しいなぁ




いやいや、さすがにもうこれ以上落ちないでしょって思います?



そうですね、落ちないかもしれません。
でも、落ちるかもしれません。





でも、聞くだけならタダなので打診してみます。



大事なことなのでもう一度いいます。


聞くのは無料(タダ)です


購入物件の詳細

ちなみに買おうとしている
物件のおさらいですが、

3階建て
間取り:4LDK

延床面積
1階部分:25㎡(駐車場・倉庫)
2,3階:66㎡(居住部)

敷地面積:66.4㎡ [約20坪] ※私道10㎡含む
立地:駅徒歩15分
1982年2月築

その他特記
・5年前にリフォーム済
(風呂・トイレ・洗面台・給湯器・外壁塗装・屋根瓦積直し)

付帯設備
・浴室乾燥機
・エアコン3台
・食洗機

物件価格:540万
(周辺エリアの近似物件の相場価格:約800万)



改めて見ても悪くない。
むしろ良い。


庭があったらもっと
嬉しかったかな。



庭は良いですよねぇ。
BBQとかゴルフの素振りとか。


ポカポカ陽気の昼下がりにコーヒーを片手に読書でもしながらハンモックでユラユラ
・・・・・・(^q^)・・・


( ゚д゚)ハッ! 失礼。





それはそうと、ちょっと気になるのは、土地面積に私道を含んでるってトコがあるけどね。
つまり、自分の土地の一部を道路として提供しているって感じかな。
だから、固定資産税とか、不動産登録免許税とかは、私道部分も合わせて取られてしまうんだよね。


ぐぬぬ


まあ、しょうがないので諦めるけど。

というわけで実質の自分の土地は10㎡は約3坪少なくなって17坪となります。

値引きを打診する

ちょっと話が飛んだけど、値引きを打診するって話。


そもそも元々780万円で出していた物件価格が今540万に下がっている理由っていうのは前回も書いたけど、

家主さんが高齢
→息子さんが新築を建てた
→同居するから今いる家は不要になった
→引越し日が決まっているから早く売却を決めたい
ただし仮に早く売却が決まっても物件の引き渡しは引越しの日。

というわけで売り急いでいるから相場よりも値段が安い理由。

そこで考えましたよ。理由も理由だしね。

というわけでちょっとゴニョゴニョ調べて元付業者とコンタクトをとってみました。

4話でも少し説明しましたが、普通の物件の売買には2つの不動産業者が絡むケースが多いです。

↓004物件探しのコツの回↓


元付業者とは売主側の不動産屋さん。
売主側が最初に家を売りたいんだけどって相談する先の不動産業者ですね。


僕が案内してもらっている不動産屋さんは客付業者さんなので、家主さんとは『はじめまして状態』。
だから、家主と信頼関係がある元付業者さんに、どんな感じですかねぇって伺ってみたということです。

こんにちは。実はカクカクシカジカで、値引きなんですが500万を切ったら気持ちよく現金即決するんですけど・・・

あーそうですか。ちょっと聞いてみますよ


ってことで現値の540万から-50万くらいで話をしてもらった。


しばらくして

あ、もしもし?いけましたよ。490万でいいですよ



やったぜ★



売主さんはやっぱり「高く売りたいより」も「早く手放したい」って気持ちの方が大きかったようで、「もうええか」って感じで割とあっさり値引きの提示を飲んでくれたようです。



電話1本でさらに10%安くなりました。
聞いてみるもんですね。



あとは、僕の方の担当の買付業者さんにも話を通しておかなきゃいけないけど、まあうまくゴニョゴニョやっておきましょう。



で普通、一般的には買付を出して、申込金を払ってっていう手順を踏んで進めますが、今回は別にいいらしいです。
あとで、売買契約時に申込金とかのお金もまとめて処理する流れになるのかな。

というわけで、これでめでたく500万の大台を切り、490万という価格で家を買えることになりました。

実際に契約と物件の引き渡しが終わるまでは確実ではないんですけど、とりあえず一安心です。

さて、お金の用意もしないとね。


つづく