Youtubeはコチラ

020内壁撤去DIY。断熱材と固着CFに苦戦中に害虫駆除業者が床に大穴

020内壁撤去DIY。断熱材と固着CFに苦戦中に害虫駆除業者が床に大穴

壁と内壁の間に断熱材が入っていないと快適な家になりません。この家にはその断熱街が見当たらない!しょうがない壁を剥がしていれていくかぁ。



前回は押入れとか壁とか撤去した時にできた溝とか塞いでそれなりにキレイに見えるテクニックをお話しました。



内壁を剥がしていく

今回は内壁をどんどん剥がしていきます。っていうのも、前回に元押入れエリアの内壁を剥がしてみたんですが、外壁との間に断熱材が入っていないことがわかりました。


前回剥がした押入れの内壁↓↓

画像右側の部分に野路板と外壁の裏側が見えてます。断熱材は見当たりません。なので、他の壁ももちろん入っていないと思われるので、内壁をバリバリ剥がしていこうと思う次第でございます。


というわけで、どんどんやっていきましょう。



こちらキッチンエリア↓↓

この画像の窓下の位置に新キッチンを設置する予定。そんで、窓上には吊戸棚でガスとレンジフードは右隅に付く予定です。


とりあえず、余計なゴミは掃除して内壁をバリバリ剥がしていきます。白い部分は石膏ボードで釘で止まってるだけなので、ググッと釘を抜いていけば簡単にバコッと外れます。


石膏ボードを固定している釘↓↓

ボードの端に手をかけて、手前に引き起こしながら釘の刺さっている位置を探ります。そして1本ずつ丁寧に抜きましたが、この石膏ボードはどうせ捨てるのでスピード重視で破壊しながらバキバキ引きちぎってもいいかも。


でもどうせ柱に残った釘を後から抜かなきゃいけないし、そんなに手間は省けないかな。


高い位置ははしごに登りながらだからバランスを崩すとアブナイ。

気をつけて




石膏ボードを剥がした↓↓

難なく内壁を剥がすことができました。丸見えで恥ずかしいことになっています。(なんの話?)


入っていなかった断熱材

・・・とにかく、断熱材はやっぱりはいっていないので、必要な分のグラスウールでも買ってきて隙間に埋めていきましょうか。


だけど、どれくらいの範囲までやり直すのかは悩みどころ。家全体の内壁を剥がすとなると、ちょっとどころじゃなく大変そうだなぁ。。。


石膏ボードならまだ楽だけど、他の部屋はモルタル壁、砂壁、繊維壁、、、

引っ越しまで時間がないよ?



そうなんです。あと3週間くらいしか時間がなくて、それまでに部屋を仕上げてしまわないといけない。

ほぼ一人で。

精神的にも体力的にもキッツいから、とりあえずこのダイニングキッチンエリアだけにしようかな。他の部屋は引っ越しが済んだ後の落ち着いてからでもいかな。。。


多分それ、やらないヤツ・・・



あはは、、、とにかく、作業を進めよう。うんそうしよう、そうしよう。



横板を外す↓↓

野路板?胴縁?
え、と、横に走ってる板を剥がします。手と材料が入って作業できれば良いから数枚でいいね。


数枚剥がした↓↓

これで断熱材を入れるスペースはできたかな。ガス管と水道管も見えてきました。目視でわかったのは水(青線)とお湯(オレンジ線)の管が右下の隅の方から外につながってます。


ガス管(緑線)は元栓からすぐに折れて外につながってます。水道管は床下を這わせて左側のキッチンスペースに持ってくるので、まずは床を剥がさないといけません。早くやりましょう。はがし終わったくらいのタイミングで水道工事は業者さんにお願いします。


ガス管は既存の管を切ってしまって、外から直接もってくるので、床は関係ないけど、ガスコンロの位置がわかってからの話なので壁の下地を仕上げてキッチンを購入するのが先ですね。


断熱材で使うのはグラスウールが主流だと思うけど、これはガラス繊維で出来た綿みたいなものです。素手で直接触るとチクチクするので気をつけて。


断熱や防音、吸音、消音、振動低減とかの効果があるようだから(車・バイクの)マフラー用とかもあって面白い。家でカラオケとか楽器とか大音量を出したい時に防音室作るときなんかにも使えるのかな?


今は、グラスウールが手元にないので、次回までに買ってきます。ホームセンターでもAmazonとかでもいいけど。ホームセンターでは陳列してある種類が少ない傾向がある。

アマゾンの種類とか価格とかを一度比較してみてもいいかもね↓↓

グラスウール by Amazon



他には発泡ウレタンを断熱材として使っている現場も見たことある。スプレータイプで目的の箇所に吹き付けるとモコモコ膨らんで面白いのよね。

発泡ウレタン↓↓

発泡ウレタン by Amazon


「ところで、防音室なんて話出たけど作るの?」

え?、、、欲しいけど、、、
いや、ムリムリ。そんな場所取れないわ。


いや、でも1畳くらいの省スペースなら、、、ダメです。趣味の話は後です。まずは住めるようにするのが先決!


じゃあ、次は床にとりかかりますかぁ (`・∀・´)

おっボーヤくん。遊びに来たね。
危ないからあっち行っててねヽ(*´∀`)ノ(´・ω・)


強敵クッションフロア(CF)剥がし


Cushion Floorを略してCF。リフォームを始める当初は全く問題とも思っていなかったCF剥がし作業。こんなの端からペリペリって簡単にめくれるんでしょ?と舐め腐っていたんですが、鬼のように大変で心が折れかけました。



それがこのクッションフロア↓↓

もうなんていうか、「ふざけんじゃねーよ」ってくらい剥がしにくくて、今回のリフォーム作業での苦労したランキングトップ3に入るくらいの難敵でした。


派手に壊したり、音の大きい電動工具を使う作業は昼で、こういう剥がし作業のような地味なヤツは夜な夜なコツコツやっていたんですが、3~4夜分くらいの時間を費やしたと思います。


CFを剥がしていく↓↓

しかし、このCFは糊ががっちり固着していて、まさに床と一体化していて、本ッッッ当に頑固で剥がすのが大変でした。ほんとに なんだこりゃ っていうくらい強烈に張り付いています。


まぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ時間がかかること!


ヘラとゴムハンマー(叩く音が小さいから夜でも安心♪)で叩きながらちょっとずつ剥がして、ある程度剥がれたら手で持ってベリベリィって行きたいところなんだけど、クッションフロア自体がもう劣化していて引っ張ったらすぐにブチブチとちぎれてしまうんです。

イラッ(-_-メ)

(#゚Д゚)y-<もうイヤぁ!!!


さっき、3~4夜って書きましたが違いますね、もっとですね。4~5夜くらいかかりましたかね(汗)


でっかいケレン棒でも買えばよかったですね。

ケレン by Amazon



やってきた害虫駆除の業者さん


さて、一大事です。


予想以上時間がかかりすぎたCF剥がし作業。なんと以前ママちゃんが頼んでいた害虫駆除業者さん約束の日が来てしまいました!

えっ?もう?


完全にやらかしました。予定ではもう床を全部剥がし終わって床下にも薬剤を撒けるように準備しておくはずが。。。


まだこんな状態↓↓

そう、時は遡って、押し入れの壁もキッチンのタイル壁すらまだ手つかずの状態でしたよ(悲)これは#014の押入れ解体の時ですね。


というわけで、床も壁もまだ残っちゃってる状態で害虫駆除の業者さんが来ちゃったもんだから、追い返すわけにもいかず薬剤散布をやってもらうことにしましたよ。ええ。



床に穴を開けた↓↓

苦肉の策で丸のこで床の合板に四角く穴を開けて、そこから床下に薬剤を送り込むことにしました。床下以外も家の隅々、特にゴキちゃんが移動する壁の角に重点的に薬剤を撒いてくれました。

害虫駆除業者さん

念入りに薬撒いときますね(ニコニコ)

あ、ハイ。アリガトウゴザイマス。
(その壁すぐに剥がしちゃうなんて言えねえなぁ(汗))




噴霧器↓↓

これはアマゾンのお手頃価格の噴霧器だけど。業者さんのはもうちょっと本格的な感じのやつでブシューってやってました。でも薬剤さえ害虫に合うものを用意すれば自分でできますし。


それに、道具も何十万もするかと思ったら意外と安い。薬剤セットでアマゾンで1万円程度。噴霧器だけでも2000円位で買えちゃうから。


で、害虫駆除業者さんの処置料は18900円。次やるとしたら絶対自分でやろ。薬剤は虫によって違うだろうから調べるけどね。


どっちにしろ業者さんに頼もうが何年も残留するほどの効果は期待できないから廉価品でも定期的に撒いた方が良いと思うんだけども。




と妄想している間に、次の場所に薬剤を撒くいうので付いていきます。上の階に行ったり外に出て家の周りに撒いたり。


上の3階の散布についてはサーキュレーターみたいな風の出る加湿器のような機械を置いて部屋中に薬剤が回るようにしてました。


では、今回散布してもらった場所をまとめると、

噴霧器による散布
・キッチンの床下
・外壁周りの壁際
・排水溝
・汚水と雨水の排水マスの点検口
(円蓋を開けられるところ)

室内噴霧
・各部屋


もし、今度自分でやるときは参考にさせてもらいましょう。


で、業者さんから聞いた恐ろしい話なんですが、

害虫駆除業者さん

ゴキブリってね、アレ卵の時期には殺虫剤が効かないんですよ。メスが産む卵って硬いカプセルみたいな状態で、その中に複数個の卵が納められているんです。とても硬い殻に覆われているので、殺虫剤の薬剤が届かないんですね。

ひぃーコワイィ
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


成虫になってもそこそこの耐性がありそうなのに、、、

やっぱり、定期的に自分で殺虫剤を散布しよう。うんそうしよう。


今回については、せっかく薬剤を撒いた壁と床は剥がして捨てちゃうので、後日床を剥がした後に薬を撒こう。そうしよう。


これを4本くらい買って来ました。


でも、商品説明を見ると、

「可燃性ガス不使用のゴキブリ用殺虫剤です。台所やゴキブリの通り道、潜んでいそうな場所にスプレーしておくだけでゴキブリを駆除し、見かけなくなります。効果は約2週間持続し、ゴキブリに直接噴射しても高い殺虫効果があります。」

(メ・ん・)?2週間?・・・


まぁ気休めですね。

でも根本的に、家に虫が出入りできるような隙間があったらダメですよね。家をぐるっと見回して、そんな隙間を塞ぐことが第一歩かも。


でも人の目視で隙間を全部潰すのはかなり大変だぁ。


もし見つけたときに穴を塞ぐお手軽な方法は、シリコンコーキングをぶちゅっと充填しておけばとりあえず大丈夫だけどね。


では、今日はここまで。読んでくれてありがとう!


つづく